参加者インタビュー


*春夏秋冬、それぞれの季節の1dayリトリートと、

初の宿泊リトリートに参加してくれた愛さんに、その体験を伺いました。

参加者の声


  • 季節ごとに、みんなでサークルになって、自分の身体の声を聴く時間を持てるって素晴らしいことだなと実感しました。ひとりだと、なかなか気付けないことも多いし、シェアリングの中でみんなの体験を聴いて「わたしだけじゃないんだな~」とほっとしたこともありました。このような場を設けて下さったことに感謝です。どうもありがとうございました。

 

  • 女性にフォーカスした内容全てがとても良かったです。 季節のサイクルでは、身体で何となくは感じていたものの、実際に円を四季に分けて視覚を通して確認してみると、自分の体験、経験と繋がるところが沢山あり、すんなりと自分の中に落としこむ事が出来ました。 例え日常においてバランスをくずし不安定な状態になったとしても、それは自然な事と、そのままの在り方を尊重し、受け止めて、自分を信じたいと感じました。

 

  • ヨガだけでなく、ジャーナリングを通して自分の心の中を整理できたことが良かった。 日常で続けていけば、自分の行動や思考のパターンがどういうことからくるのか、気づいて行けると思いました。

 

  •  ウーマンズヨガのテーマに合わせ、女性のみだったこと(男性が一人でもいるのと女性だけでは違う!と感じました)感情や人生のステージを季節に置き換える視点が新鮮で、分かりやすかったこと(慈しみも憎しみも、同じ夏エネルギーなんだと知り、安心しました)

 

  • 自分が女性である事を実感できました。 自分で自分を癒したり、自分を慈しんだり、私にとっては難しいと感じる部分はありましたが、ヨガやシェアリング を通して、自分の体や心と静かに向き合えた事や、他の人と気持ちを分かち合えた事が嬉しかったです。振り返ってみると、この体験が癒しだったのかな?と思いました。